読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YAMA OTO BEER

夏は山の麓で音楽とビールを味わいたい

週末の話

週末、土曜日になれば仕事のことなど一切忘れて、すきな街の商店街に繰り出して、おいしい食材を買って家の台所でおいしい料理を作る。作る料理はお酒に合うものが基本で、でも作り始める前にまずはビールで乾杯。ひとまず手軽な冷奴や冷やしトマトあたりを用意して、ビールを飲みテレビを見てゲラゲラ笑いながら、楽しくなってきたところでメインの料理を作り始める。

鍋から漂うスパイスや出汁のいい匂いを嗅いでうひょーー美味しそーーと声を出す。盛り付けをかっこよくキメたら、テーブルに持っていく。改めていただきますを言って一口。そりゃもう美味しくてお酒は進む。
大満足でごちそうさま。しかしまだまだ休日の夜は長いから、テレビに映したYouTubeですきなMVやテレ東の番組を見はじめる。もしくはプレステで龍が如く戦国無双をやる。そうしてゲラゲラ笑っているうちに、ちょっと小腹が空いてきて、缶詰めや浅漬けなんかをちびちび食べたりする。あれ、そろそろさまぁ〜リゾートがやる時間だぞ、ひゃーリゾート行きてーなどと騒ぐ。

そうして気が付けば夜も更けた。眠くなったら寝ましょう、ができる休日。明日も寝坊ができる土曜日。気付いたら深く眠りに落ちる。

日曜の朝、二度寝ばんざい。でも昼前には起きて、銭湯に行って朝風呂だ。アツアツの湯船には長いこと入ってられない。身体中の血管がしびれるくらい熱い銭湯を楽しんだら、ぐっとお腹が空いてきた。いつもの商店街の一角にある、おいしい麺屋に行こうとする。今日は蕎麦かうどんかラーメンか、いやフォーにしようか、など散歩をしながら考えて、しっくりときた麺屋にふらりと入る。
風呂上がりにつるんと麺を食べ終えて、朝からお腹いっぱい、また眠くなる。と、寝てしまう前に、家に帰って食後のコーヒーを飲もう。コーヒーを飲みながら、いつものテレ東で、男子ごはんや和風総本家をダラダラ見る。今度はこの料理作りたいな、旬の野菜の登場シーンやばいな、そろそろ洗濯しなきゃな…

そんな具合の週末が、楽しくて幸せだ。いつまでもこんな生活が続けられるなら、多くは望まないぞ、なんて思えてくる。最強の週末の過ごし方。これがあるから今は生きていける。