YAMA OTO BEER

夏は山の麓で音楽とビールを味わいたい

ほろよい

f:id:sudopan:20170424232849j:image

週末は気の知れた人々とグダグダとお酒を飲んでいるわけですが、そういう時間が楽しいなーうれしいなーと思いながらお酒が回ってくると、あっという間に時間が過ぎてそのスピードが速過ぎて、同時に記憶が途切れ途切れになってしまっていて、あれ?なんだかすごく楽しかったけど何してたっけ?ってなる。

先週末も、近所の友人を家に招いてスケートボードのゲームをひたすらやっていたのだけど、その間にいろいろ料理を振舞ったり作ってもらったのを食べたりしていたら、なんだかすごくあっという間に時間が経って、気付けば友人が帰る時間になっていた。すごく濃い時間を過ごしていた気がするのに、あっという間過ぎて楽しんだ瞬間はとても短いように思える。

その翌日は天気が良くて暖かかったもんだから、久々に高架下の焼き鳥屋、ビールケースをテーブルにした外の席でビールを飲むことにした。昼間から飲むビールは最高だなー、隣の店では昼間からすでに出来上がっている家族グループがワイワイ騒いでて楽しそうだなー、店先で突っ伏して散歩途中に飲み始めてしまった飼い主を待っている犬がかわいいなー、なんて思っていたら、これまたあっという間に時間が過ぎていて、気付けば3杯くらい飲んでいて、ほろ酔い気分でスーパーに寄って家に帰った。帰る途中から、家に帰って飲み直しながらyoutubeを見ていた時間はもっとあっという間で、すごく楽しかった気がするけどあまりのスピード感で細かい記憶がない。なんだか楽しそうな写真はたくさん、スマホのフォトアルバムに残っているのだけど。

まあただ飲んで酔って記憶をなくしてるだけだろうという話なんだけど、それもあるとしても、えらく楽しかったものだから、感じる経過スピードがいつもの倍早かったというのは間違いない。楽しい時間というのはいつだってあっという間だからな。気をつけないとな。